赤ん坊

プリティーな赤ちゃんを守る|アトピー肌にさせない!

紫外線から肌を守ろう

親子

日焼け対策にはこれだ

夏になると日焼けが気になります。赤ちゃんの肌はとてもデリケートで大人より水分量も少ないので、紫外線による日焼けで肌荒れや炎症を起こす事は珍しくありません。紫外線が気になる季節にはしっかりと対策をする必要があります。具体的には直射日光を浴びないようにする事ですが外出しない訳にはいきませんし、日傘や長袖の着用で全てをカバーする事は難しいですね。そこでオススメなのはやはり日焼け止めです。しっかりと塗る事でUVカットが期待出来るのは勿論、塗るだけという気軽さも人気の理由です。特に夏場は暑いので長袖などを着せるのも躊躇われますから、暑がりで汗っかきの赤ちゃんのためにも日焼け止めを使用するのが良いでしょう。

選び方と注意点

日焼け止めの選び方ですが、赤ちゃん用の物が望ましいでしょう。先程も述べましたが赤ちゃんの肌はとても弱いため、市販の日焼け止めの中には刺激が強すぎて逆に肌を荒らす原因となるものもあります。具体的には紫外線吸収剤などの化学原料が入っていないノンケミカルの物がオススメです。さらに無着色無香料の物だと尚良いです。また、石鹸で落とせるかどうかも需要です。せっかく日焼け止めを塗って紫外線から肌を守れても、しっかり洗い落とせず成分が肌に残ってしまうとかぶれや肌荒れが起こる場合もあります。SPFが高いものは洗い落とし辛いので、普段の外出程度ならSPFが低めの物を選ぶなど使い分けてください。また、赤ちゃんは汗っかきなので日焼け止めをこまめに塗り直す事も大切です。小さい頃からの積み重ねで肌を守る事が出来ますので、可愛い赤ちゃんのためにもしっかりと対策していきましょう。