赤ん坊

プリティーな赤ちゃんを守る|アトピー肌にさせない!

赤ちゃんが自分で飲む

水筒

赤ちゃんとお出かけするときに、持っていくといいのが、ベビー用の水筒です。ベビー用の水筒を選ぶときに気を付けることは、ミルクを作るためのお湯を入れるので、保温ができる水筒を選ぶということです。ステンレス製の魔法瓶など、中に入れたものの温度を保つことのできる水筒があり、お湯を入れるのに適しています。赤ちゃんが使う水筒は、衛生面での管理にも気を付ける必要があり、フタを取り外せたり、中身を分解して洗えるタイプを選ぶと、きれいに洗浄することができます。魔法瓶の場合には、洗剤や薬剤を使って洗えない商品もあるので、取り扱い方法や注意書きを読んで、正しい洗い方をするように注意が必要です。説明書に洗浄の仕方が書いてあるので、使い方を守って使用します。

ベビー用の水筒の特徴は、赤ちゃんが飲みやすいように、ストローがついていたり、持ちやすいように取っ手がついているデザインがあるということです。子供が喜ぶような可愛い絵柄がプリントされていたり、カラフルな色遣いがしてあるのも、ベビー用の水筒の特徴です。子供が自主的に持って使うことができる工夫がされていて、万が一倒してもこぼれない構造になっているなど、使う人のことを考えてデザインされています。赤ちゃんに歯が生え始めてくると、ストローを噛んでしまうため、替えのストローがついていて交換できるなど、経済的にも優れています。ストローを使わずに、手で持ってコップ飲みができるようになるための、トレーニング用の水筒などもあります。