赤ちゃん

赤ちゃんには日頃からのケアが大事|アトピーにさせないための工夫

紫外線から肌を守ろう

親子

肌が弱くデリケートな赤ちゃんには、紫外線対策が必須です。手軽に使える日焼け止めでしっかりと対策をしていきましょう。ノンケミカルなどの肌に優しい赤ちゃん用の日焼け止めを選び、こまめに塗り直して使う事で日焼けは防げます。

詳細へ

敏感な肌のケア方法

ベイビー

食物アレルギー予防にも

ふっくらしていて、柔らく見える赤ちゃんの肌、実はとても敏感です。赤ちゃんの肌は大人の肌に比べて角質層が薄く乾燥しやすいです。そのためアトピーやアレルギー予防のためにも、毎日のスキンケアが大切なのです。スキンケアには、清潔と保湿が重要です。一日一回は沐浴をしましょう。そしてお風呂の後には、ベビーローションやクリームなどで保湿をします。お風呂上り5分以内に保湿をしてあげると、肌の水分が保たれます。また、できればそれだけではなく、一日2回の保湿を心がけましょう。近年の研究で、皮膚の乾燥やアトピーは食物アレルギーにもかかわっていることが分かってきました。スキンケアをきちんと行うことは、アレルギーの予防にもつながるのです。

使用前にパッチテストを

乳児にできる湿疹は全て乳児湿疹と呼ばれます。そのため、赤ちゃんにできた湿疹を、ただの一過性の湿疹なのか、それともアトピーなのかを見分けるのは医師でも難しいと言われています。正しいスキンケを続けてそれでも症状が悪化するようならかかりつけの小児科を受診してみましょう。赤ちゃんの日頃のスキンケアには、赤ちゃん専用の低刺激なものを使いましょう。アトピーの赤ちゃんの肌は特にデリケートですので、保湿剤も全身に使う前にまずは、腕の内側など、皮膚の弱いところでパッチテストをして、肌にあうかどうか確かめてから使用します。実際に購入する前にサンプルなどをくれる場合もありますので、活用しましょう。ローションやクリーム以外にも馬油やワセリン、椿油なども保湿に向いています。

買い替え必要な物をしろう

親子

ベビー用品は、大きいものや短期間しか使用しないものなどがあります。不要になってから処分するというのにはそれなりのお金もかかるため、大物や短期間の使用のベビー用品に関してはレンタルという方法を取ることが、メリットになると考えられます。

詳細へ

赤ちゃんが自分で飲む

水筒

ベビー用の水筒を、選ぶときに気を付けることは、保温ができるタイプを選ぶということです。魔法瓶の場合には消毒液が使えない場合があるので、洗浄の仕方を説明書で確認する必要があります。ベビー用の水筒は、ストローがついていたり、赤ちゃんが持ちやすいデザインになっているのが特徴です。

詳細へ